高熱や肺炎を引き起こすインフルエンザの予防法を知っておこう

予防接種の値段

インフルエンザは定期的に予防接種といったもので感染を拡大させないようにしています。このインフルエンザの予防接種にかかる費用を知っておきましょう。打つワクチンによっても値段が変わることがあります。

横になる人

適切な予防の期間

インフルエンザを予防するなら、流行しているその期間だけではいけません。その理由としてはインフルエンザを含むウイルスには潜伏期間というものがあるためです。その期間にしっかりと予防をしなくては意味がなくなるのです。

マスクの人

予防アイテム

インフルエンザは感染経路が多いことから、発症すると地域的に流行してしまうことがあります。こうした被害に合わないためにも日頃から効果のある予防アイテムを使用しておきましょう。

高熱と合併症

インフルエンザの症状と潜伏期間

インフルエンザは高熱、全身の倦怠感、関節痛に下痢や嘔吐といった症状を起こします。またインフルエンザにはこれらの症状が出るまでに潜伏する期間が約1週間程あるため、発症した時にはウイルスの数も増えているのです。また、こうしたウイルスは別の誰かに感染できる状態となって咳やくしゃみで運ばれるので要注意になります。多くの病院やクリニックではこのような二次感染を防ぐために、高熱を出している患者を隔離して移さないように予防をしていることもあるのです。またインフルエンザが長引けば肺炎といった重症な病を引き起こす可能性もあります。

インフルエンザの自分で行える予防策

インフルエンザの予防のほとんどが自分で行うことができるものになります。予防策として一般的に行われているものはうがい、手洗いです。インフルエンザのウイルスは手や衣服に付いていることがあるので、よく動かす手や服は付着しやすいのです。手洗いは着替えを終えた後に速やかに行なう方がいいでしょう。もしウイルスが付着した状態であれこれしてしまうと家族や身内にまで感染してしまう恐れがあります。

病院や自治体でインフルエンザの予防接種を

手洗いと共にうがいを行なうとより効果的です。低温と乾燥を好むインフルエンザは冬場の喉が痛みやすい状況で内部に侵入することがあります。そうなると本来喉は潤いを保つことで病原菌を防ぐのに対し、乾燥で防げずにそのまま感染してしまうというケースが多いのです。根本的にインフルエンザの対策を行なうのであれば自治体や病院で行っている予防接種を行なうといいでしょう。これらは例え日々の予防を行なっていても感染してしまう危険性のあるインフルエンザを内部から守ることができます。いろんな予防策がありますが全ての予防を行ってもなることもあり得るのでなった場合は早急に病院に行きましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加