高熱や肺炎を引き起こすインフルエンザの予防法を知っておこう

メンズ

適切な予防の期間

横になる人

ウイルス性の病気は集団感染しやすい

風邪やインフルエンザ、ウイルス性腸炎といったものは集団感染や流行してしまう傾向にあります。その理由としては、ウイルスの感染力が強かったり、感染経路がたくさんある、という原因が挙げられています。特にインフルエンザは風邪などが流行しやすい冬場に発症することがあり、風邪とに似た症状のため判別がし難いのです。さらに最近のインフルエンザは感染した人によって異なりますが、インフルエンザの特徴である高熱出すことなく発症することがあります。かかった人も風邪と勘違いしてしまうことで、身の回りの方に移してしまい、このような問題からインフルエンザは流行しやすいのです。インフルエンザの対策に有効な手段はやはり予防接種になります。しかし、予防接種をしても感染することがあるので手洗いうがいなどのセルフで行える予防はきっちりと行ないましょう。

潜伏期間までしっかりと予防を行なおう

インフルエンザなどのウイルス性の病気には潜伏期間というものが存在しています。この潜伏期間というのはウイルスが体の中で増殖していく期間でもあり、自覚症状もほとんど出ない厄介な期間になります。そのため、急激に寒気がきたり高熱が出たり、関節痛といったものを実感するのです。多くの方がインフルエンザの予防は流行しているその期間だけ行えばいいと思っていますが、潜伏期間も含めた部分まで予防しておかなければ意味がないのです。そのため定期的にインフルエンザは流行してその度に患者を苦しめています。こうした連鎖を起こさないようにするためにも流行していない期間も予防を行ないましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加