高熱や肺炎を引き起こすインフルエンザの予防法を知っておこう

メンズ

予防アイテム

マスクの人

インフルエンザは感染経路が多い

インフルエンザは流行する病として各自治体で対策を取られるほど重要視されています。さらにこのインフルエンザは感染経路が豊富で、くしゃみや咳などの飛沫感染やウイルスが付着した状態で接触することにより感染する接触感染というものがあります。また、インフルエンザ自体のウイルスがいくつかの種類に分かれており、予防接種を受けても感染してしまうこともあり得るのです。インフルエンザはかかってしまうと高熱を出し、またお年寄りや子供などの免疫力が低い年代の場合には肺炎などの合併症を引き起こす危険性もあります。

インフルエンザ予防を効果あるグッズで行う

インフルエンザにかからないためには日頃からの予防が一番とされています。予防策としては定期的に行なわれる予防接種や、マスクの着用、手洗いやうがいといったものになります。最近では、マスクもインフルエンザなどのウイルスを通さないように細かな素材で作られたマスクが販売されていたり、また、子供でも手洗いがしやすいように最初から泡で出てくる石鹸などもあります。こうしたものを使用しておけばインフルエンザにかかる確立を下げることができるでしょう。インフルエンザが流行しやすい冬の期間などは空気が乾燥しているため、喉を痛めてしまうことが多いです。その場合飛沫感染や接触感染によってインフルエンザウイルスが喉などの免疫が落ちていたり、痛んでいる部分に侵入してしまうと1週間の潜伏期間を得て発症するメカニズムになっているのです。手洗いとうがいをセットにすることで接触感染の経路が絶たれ、飛沫感染などで喉に付着したウイルスを除去できるようになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加