高熱や肺炎を引き起こすインフルエンザの予防法を知っておこう

メンズ

予防接種の値段

ウィルス

インフルエンザは低温の乾燥状態を好む

インフルエンザのウイルスは冬場を好みます。低温で乾燥の状態を好むインフルエンザのウイルスは、人間の免疫が落ちてくる冬場に増えてくるので感染もしやすく流行してしまうのです。しかし、こういった感染をみすみす逃す訳にはいかないため、多くの病院ではインフルエンザの予防接種を促しています。このインフルエンザの予防接種は一昔前までは、3価ワクチンというものを支流にしていました。3価ワクチンにはA型が二株含まれおり、B型は一株のみ含まれていたのです。しかし、この3価ワクチンではインフルエンザウイルスを防止するためは効果が薄く出てしまう患者がいたため、このワクチンを改良して今現在では4価ワクチンの開発に成功したのです。4価ワクチンは3価ワクチンのB型株を追加し、A、B共に2株含めることでより多くのインフルエンザウイルスを防止する役目を担うようになったのです。

予防接種にかかる費用と自治体の援助

これらインフルエンザの予防接種は、基本的に病院や自治体で受けることができます。また学生や、企業に務める方であれば現場に医師を呼び、その場で行なうこともあるでしょう。インフルエンザのワクチンにかかる費用は年代によって異なることがあり、子供だと6000円前後、成人男性は3000円から5000円の間、高齢者の場合だと無料で行なうこともあります。さらに自治体では援助を受けることができるので、さらに安くなることもあり得ます。援助を受けれるかは地域の自治体に相談してみるといいでしょう。流行り病から自分の身を守るためにもしっかりと調べる必要があるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加